ユーロ/ドルのすすめ

FXでは、定番のドル円の組み合わせ。次に魅力的なのはユーロドルです。この組み合わせだと、日本円が入らない取引になりますがこれもFXならではの楽しみ方と言えるのではないでしょうか。
ただし、初心者はいきなりユーロドルだとイメージがつかめないと思うので、慣れてきてから少しずつユーロドルにチャレンジしても遅くはないと思います。

ユーロドルの魅力は、ドルと円の取引以上に量が多いですから、安定感は抜群。
将来的にはドルと替わる通貨になるとさえ予想されているので、どんどん強くなっていくと期待されています。また、参加国の数が多く力の強い国が多いこと、これが魅力の一つでもあります。

このユーロドルの場合だと、日本円が間に入ってこないので、円の動きが不安定な時など円をあえて外してユーロとドルで取引をするとFXの成績も安定してくるはずです。
このようなスタイルで戦略的に切り替えをはかるなどの方法も積極的に取り入れてFXを楽しんでみてはいかがでしょうか

取引業者をどう選ぶかについて
短期で攻めるか長期で攻めるか

FXトレードでは、取引コストが全体の利益に直接影響する場合があります。現在の外為業者での取引にかかる手数料は、「無料」としているケースが増えています。そのため、実トレードでコストとなるのはスプレッド(Spread)という認識をしているかたがほとんどではないでしょうか?スプレッドが全体利益に影響を与える度合いが高いトレード方法はデイトレードなどの短期売買。長期運用では、さほどスプレッドを気にしてトレードする人は少ないでしょう。ですから、トレードスタイルによってFX業者を選ぶ基準が違ってくるのは、自然なこととなります。

ユーロドルは逆相関だから・・・

ドル円とユーロドルは逆相関だから両方ロング(またはショート)しておけばリスクヘッジになる?
通貨ペアは相関が少ないものを複数持つ

USD/EUR取引の注意点

海外市場でのユーロの取引は、対ドルを中心にして活発化します。また、他の欧州通貨との取引もある程度の大きさのシェアを持っています。たとえば、英ポンド、スイスフランといった流動性の高い通貨が中心となります。この2点は注意深く観察する必要があります。

東京市場での「ユーロ/円」の取引量は、「ドル/円」並にシェアを持っています。ですから、「ドル/円」が上昇しだすと「ユーロ/円」もそれにつられて上昇するといったトレンドが見受けられます。しかし、海外市場が始まると「ドル/円」上昇の要因となったドル買いが、今度は「ユーロ/ドル」でのユーロ安ドル高を引き起こします。その結果、「ユーロ/円」は逆に下落してしまう。こうしたトレンドが増加してきています。

「ユーロ/円」を取引する際には、こうした動きを勘案しつつ、ユーロと円だけの関係に注視するのではなく、ドルが動きだしたらユーロに強く影響するのか、あるいは円に強く影響するのか、こうした観察力も身につけなければなりません。